sama_sazanami project

詩マシン

作る
071072045065049035003
空っぽの箱の中
真空の
男が
さびしげに
海を
愛す
ではないか
022125087099105003104
最高傑作は
小さな切手になった
小さな小さな
なぜだろう きみが
のりうつったのだろうか
音を
放棄しちゃう
061040046009096003049
日に日に重くなる
彼女の身体は
とにかく重い
すべてが
その小ささによって
発狂してしまう
しつこいよね
034090048030034009080
音もなく引き裂かれ
転がっていった
穴が
どうしようもないことを
小さく分解している
廃屋は
逃亡する

 

気に入った詩ができたらスクリーンショットを撮り、ツイッター・インスタ・フェイスブックなど自由に投稿してください。ハッシュタグ #詩マシン